こうろぐ

旅と本と、ときどき料理。

未経験からフリーランスエンジニアになる方法

ãããªã¼ã©ã³ã¹ã¨ã³ã¸ãã¢ã«ã³ãã¡ã¬ã³ã¹ 11/18ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

TECH::CAMP(テック キャンプ)のイベントに行ってきました。

イベントの形式は、フリーランスエンジニアの2人とTECH::CAMPのスタッフ1人が

ディスカッション形式で話す形で進行していきました。

登壇者

堀江氏

大阪市立大学・商学部卒業。学生時代から、アルバイトよりも粗利益が多いことから

プログラミングで収入を得る。スタートアップ企業で働いた後、フリーランスエンジニアとなる。プログラミング学習に2回挫折したが、3回目でプログラミングを習得。

大島氏

物流会社の営業職から、未経験でIT企業に転職。

2年の実務経験を経て、クラウドテックと契約しフリーランスエンジニアとして仕事を得る。大手飲料メーカーのWeb開発案件を手がける。

 

 フリーランスエンジニアになろうと思ったきっかけ

堀江氏

もともとスタートアップがやりたくて、0→1をやろうとしたところ、周りにエンジニアがいなかったので、自分でプログラミングを学び始めた。

そこで、周りの人に質問できる環境を求めてTECH::CAMPを受講しプログラミングを学んだ。

 

大島氏

物流会社で3年働いたが、ここままでいいのかと自分に問う時期があった。

自分の時間やもっと自由に働きたいという思いが強くなり、フリーランスエンジニアを考え始めた。

会社を辞め、未経験ながらも友人の紹介でIT企業に転職する。

一通りのプログラミングを習得すると、企業でやるのとフリーランスでやるのとほとんど変わらないことに気づき、プログラミング学習開始から2年目でフリーランスエンジニアとなる。

 

未経験からフリーランスエンジニアになるステップ

堀江氏

フリーランスエンジニアになるには2つのことが大切。

それは、

①「Goal意識」

②「聴ける環境」だ。

 

①「Goal意識」

漠然とプログラミングしていても終わりがないため、モチベが続かない。

「フリーランスとして仕事を得たい」、「起業のためにプロダクト開発したい」など、目的は様々だろう。

明確に目的意識を持ってプログラミングを始めるべき。

 

②「聴ける環境」

 文系の場合、周りにプログラミングをやっている人がいない。

初心者がプログラミングを始めると、きっとどこかでつまずく。

その時に、聴ける環境がないとそこでストップしてしまう場合が多い。

それを解消するのが、「聴ける環境」だ。

 

「聴ける環境」を手に入れるには大きく2つ方法があるという。

①「お金を払って得る」

②「飲み会やイベントで人と繋がりメンターをつける」

 

①「お金を払って得る」

一番手っ取り早いのが、プログラミングスクールに通うことだ。

TECH::CAMPなどに参加し、聴ける環境お金で買うという方法だ。

時間をかけずに得ることができる。

 

②「飲み会やイベントで人と繋がりメンターをつける」

お金をかけたくないという人におすすめだ。

プログラマーは集まって何かをやるいうのが結構好きらしい。

勉強会やミートアップ、飲み会など。

そこに積極的に参加し、人と繋がり、自分に合いそうな人を見つけてメンターになってもらう。

コンサル料なしに教えてくれることもだろう。

 

大島氏

「企業に勤める」

エンジニアは売り手市場なため、未経験からでもエンジニアとして雇ってくれる場合が多い。

そこで、先輩社員に教えてもらいながら仕事をこなす。

給料をもらいながら学習するというスタイルだ。

 

ただ、全くの未経験からスタートアップに入社すると環境が整っておらず、育成を後回しにされ、雑用や実業業務ばかりでプログラミングをする時間が取れなかったという経験者もいるそうなので注意したい。

一度、プログラミングスクールや独学である程度基礎を固めて上で、企業で働くのが現代の王道パターンだそうだ。 

フリーランスエンジニアの仕事の取り方

堀江氏

結論、「紹介」

この一言に限る。

まず、会社の繋がりや友人、ミートアップで知り合った知人などから1つ仕事をもらう。

その仕事に対して期待を上回る120%の仕事をする。

すると、その人から新たに仕事をもらえたり、知人に紹介してもらえる。

1人の人間は、100人を紹介できるというらしい。

鉄板だが、これが王道だそう。

 

大島氏

クラウドテックに登録。

週5からの仕事になるが、自分の代わりに営業をしてもらえる。

クラウドワークスよりも単価が高い。

ただ、実務経験2年以上が必要らしい。

フリーランスエンジニアの収入は?

フロントエンドバックエンドで異なる。

フロントエンド

フロントエンドとは、HTML、CSS、Java scriptなどを用いて作るホームページやWebサイトの見た目の部分のことを指す。

初心者から始めやすく、即金性が高く、仕事も多い。

その分、単価が安い。

普通の社会人と同じか少し多いくらいの給料になる。

動的なCSSが扱えるか、最新のトレンドを意識してコーディングできるかなどで給料も変わってくる。

 

例として、動的なCSSが扱えるWebデザイナーで時給5000円で仕事をしている人がいるらしい。時給3000円を切ったことがないとか。

 

バックエンド

バックエンドとは、システムやWebサービスの裏側部分を指す。

例えば、Facebookはホームページなどと異なり、一人一人違ったページが表示される。

それは、サーバーにデータが蓄積されており、その情報に基づいてカスタマイズされたページが表示されるような仕組みになっている。

このようなシステム、サーバーサイド側を構築するのが、バックエンドという。

フロントエンドに比べ、技術力を要するため、学習コストがかかることもあり、単価が高い。

給料は、技術にもよるがフリーランスの場合、毎日飲み会に行けるくらいのお給料らしい。

つまり、普通の社会人の2倍くらいになるのかもしれない。