こうろぐ

旅と本と、ときどき料理。

成功を目指す人に知っておいてほしいこと

ãæåãç®æã人ã«ç¥ã£ã¦ããã¦ã»ãããã¨ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

印象に残った点をピックアップ。

当たり前のことだけど、大事なこと。

「自分は成功に値する」と確信できるか

成功には自尊心が必要。

自尊心が高まり、自信がついてくる。

自尊心を高めるには、鏡を覗き込み、そこに映った自分と正面から向き合うこと。

そこで自分を褒められるかが大切。

(日常生活では、自分のことを人前で褒めてくれる人はなかないない。)

 

結論、自尊心の大部分は、自分と正直に向き合い、「自分は成功に値する」と確信できるかどうかに左右される。 

 

中途半端な夢を持つな

ほとんどの成功者は夢を持つことが大好き。

夢を持つ人は平凡な人生では満足しない。

夢はよりよビジョンを与え、心に火を灯してくれる。

過酷な現実に打ちのめされても、前進する勇気を与えてくれる。

 

夢を実現するには、より具体的にして短期的な目標に落とし込む。

それを日々達成していくこと。

自信と自尊心にもつながる。

 

 自分の気分をコントロールする

人の感情をコントロールすることは難しいが、自分の感情はコントロールできる。

そして人は 、ポジティブな人の周りに集まってくる。

自分をコントロールして自分を高めよう。

 

信頼関係を築く秘訣

「相手の目標達成を手伝うこと」。

これが信頼関係を築く秘訣だ。

人は誰しも、自分の目標を達成したいと思っている。

人の目標達成を手伝いながら、自分の目標達成も手伝ってもらおう。

まずは、give、give、giveだ。

 

コミュニケーションは双方が勝つようにする

「相手に勝つ」という思考はおすすめしない。

「双方が勝つ」という思考が大切だ。

議論でも言い負かそうとしてはいけない。

コミュニケーションの目的は、自分の正しさを一方的に主張するのではなく、双方が目標を達成して恩恵を受けるように配慮すること。

 

自分流をつくり上げる

最初は「模倣」。

自分のロールモデルを見つけ、長所を徹底的に模倣する。

 

ロールモデルは身近な人でも、著名人でもいい。

1人でなくとも、何人いてもいい。

長所を取り入れ、その後に自分流に染めていく。

そして、常に自分のやり方を改良し続ける。

 

成功者に共通する特徴

ある採用担当者は、100人近くの優秀な人材の確保に成功していた。

その採用基準は、「PHD」。

 

PHDとは、「poor」「hungry」「driven」の頭文字。

「poor」は、「経済的に貧しい」という意味ではなく、「知識欲に植えていて勉強熱心」という意味。

 

「hungry」とは「絶対に成功するというハングリー精神を持っている」の意味で、

平凡な業績では満足しない人のことを指す。

 

 「driven」とは、「野心的な目標を掲げ、猛烈な勢いでそれを追求する」というような意味合い。

 

年中、強い決意、熱意、勢いで、行動する。

PHDの精神を持っている人は、常に好奇心旺盛で、楽観主義を貫き、並外れた集中力を発揮する。

職業関係なく、PHDの精神は成功者に共通する特徴。

 

成功する人の考え方

毎日自分に目標を設定し、その達成に全力を傾ける。

自分の出来栄えを評価し、課題を明らかにし、創意工夫をして弱みを克服する。

成功者は、それによって能力を発揮し、最高の自分に近づくことを知っている。

彼らはずっとひたむきに努力してきたので、目標に対して邁進することが習慣になり、もはや途中でやめることができない。